率直に言って他の人とは取り立てて話すほどではないかとせふれ作り無料SNS

セフレの魅力

筆者「早速ですが、みんながせふれサイト利用を女性と会うようになったいきさつを全員に聞きたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、高校を中退したのち、五年間自宅にこもってきたA、サイドビジネスで暮らそうと試行錯誤しているB、小さな芸能プロダクションで指導を受けつつ、ゆくゆくはアクション俳優になるというC、すべてのせふれサイトを網羅すると語る、ティッシュ配りをしているD、五人目は、新宿二丁目で水商売をしているE。
みんな二十代の前半です。
A(自称自宅警備員)「俺はずっとパソコンばっかりしてて、ネットを浮遊してていい感じの子を見つけたら向こうからメールもらったんですよ。そこであるサイトのアカウントをゲットしたら、課金しなくても連絡取れるって言われたので、アカウント取ったんです。それっきり相手と直メもできなくなったんです。言うても、他にも可愛い人出会えたので」
B(内職中)「アカ取り立てのころはやっぱり、自分もメールしたくて。女優並みにきれいな人がいて一目ぼれしました。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトについては、機械とか業者のパターンが多くてちゃんと女性もいたので、そのままちゃんと利用しています。
C(俳優志望)「私はというと、いろんな役になりきれるようIDを登録して。せふれサイトを使ううちにのめり込んでいく人物の役をもらってそれで自分でもハマりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕のきっかけは、先にアカ作ってた友達の勧められて登録したってところです」
加えて、5人目となるEさん。
この人なんですが、他の方と大分違っているので、率直に言って他の人とは取り立てて話すほどではないかと。
昨夜取材拒否したのは、まさに、以前よりゲリラマーケティングの派遣社員をしている五人の男女!
集まることができたのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子芸術家のCさん、音楽プロダクションに所属してるというDさんせフレお笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「先に、辞めた動機から教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお願いします」
A(昼キャバ勤務)「小生は、女性の気持ちが分からなくて試しに始めました」
B(現役大学生)「小生は、収入が得られれば何でもいいと思って開始しましたね」
C(シンガーソングライター)「俺様は、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだ始めたばかりなんで満足できるほど稼げないんですよ。大物になる為にはささやかな所からこつこつ下積みすべきだと思い、こういうアルバイトをやって、差し詰めアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「わしは、○○ってタレントプロダクションでピアニストを養成すべく励んでいるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(お笑いタレント)「実を言うと、小生もDさんと似た状況で、コントやって一回多くて数百円の侘しい生活してるんです。先輩が紹介してくださって、サクラの仕事を始めました」
たまげたことに、メンバー五名のうち三名がタレントプロダクションに所属中という贅沢なメンバーでした…、だがしかし話を聞かなくてもわかるように、彼らにはステマによくある苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事