千葉人妻掲示板知らない間に何か所かにまたがっている可能性があります

セフレの魅力

「人妻出会いサイトに登録したらアクセスしたら大量のメールが届いた…何かまずいことした?」と、驚いた経験のある人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者にも覚えがあり、そういったケースは、ログインした人妻出会いサイトが、知らない間に何か所かにまたがっている可能性があります。
というのは、大抵の人妻出会いサイトは、システムで自動的に、他のサイトに掲載している個人情報をそのまま別のサイトにも流用しているからです。
言うまでもないことですが、これは利用する側の要望によるものではなく、知らない間に勝手に登録される場合がほとんどなので、消費者も、システムも分からないうちに、いくつかの人妻出会いサイトから身に覚えのないメールが
さらに、自動で流出するケースでは、退会すればいいだけのことと安易に考える人が多いですが、退会をしても打つ手がありません。
ついに、退会もできない仕組みで、最初に登録したサイト以外にも情報が流出し放題なのです。
アドレスを拒否リストに登録しても大して意味はありませんし、まだ拒否設定にされていないアドレスを使ってメールを送ってくるだけのことです。
一日でボックスがいっぱいになるぐらいくるまでになった場合は何も考えず今のメールアドレスをチェンジする以外にないのでネットの使い方には注意しましょう。
先週取材拒否したのは、言わば、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしている五人の少年!
集結したのは、メンキャバを辞めたAさん、この春から大学進学したBさん、売れない芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属する予定だというDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「先に、辞めた動機から教えていただきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバ就労者)「小生は人妻出会い きっかけ女心なんか興味なく始め方がわかりませんでした」
B(男子大学生)「私は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(クリエイター)「ボクは、ミュージシャンをやってるんですけど、まだヒヨっ子なんでそこそこしか稼げないんですよ。トップスターになる為にはささやかな所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こんなことやりたくないのですが、当分アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「おいらは、○○って音楽プロダクションで作家を育てるべく奮闘しているのですが、一回のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラの仕事をやっているんです」
E(お笑い芸人)「実のところ、おいらもDさんとまったく同じような感じで、コントやって一回ほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステマのアルバイトをするに至りました」
驚くべきことに、五名のうち三名が芸能事務所に所属しているという貧相なメンバーでした…、かと言って話を聞いて確認してみたところ、五人にはサクラ独自の苦労があるようでした…。

関連記事